知ってなっとく!クリーム百科!
クリームサイエンス

クリーム類の種類

厚生労働省の「乳および乳製品の成分規格等に関する省令」(以下乳等省令)では、種類別「クリーム」(①)と、それ以外に添加物や植物油脂等が原材料に配合される、名称「乳等を主要原料とする食品(乳主原)」(②)に区別されています。

クリーム類の種類

乳等省令では「クリームとは、生乳、牛乳又は特別牛乳から乳脂肪分以外の成分を除去したものをいう」と定義されています。つまり、生乳、牛乳又は特別牛乳から乳脂肪分の多いところだけを集めたものがクリームで、乳脂肪分は18%以上と規定されています。
生乳のみでできていることから、風味は抜群。まろやかな口あたりと口どけのよさはクリームならではです。

名称 乳等を主要原料とする食品(乳主原)

純乳脂乳主原(通称:純乳脂タイプ)

脂肪分として乳脂肪が使われており、クリームを使用する際の使い勝手がよくなるように乳化剤や安定剤などの添加物を使用した商品です。
『生クリーム100%使用』とパッケージと表示されていても、乳化剤や安定剤が使用されている場合は、使用している脂肪がすべて乳脂肪であるというだけで種類別「クリーム」ではありません。

混合脂乳主原(通称:純乳脂タイプ)
(○○フレッシュ、○○ホイップ等)

乳脂肪の一部を植物性脂肪に置き換えたもので、乳脂肪の風味のよさ、口溶けのよさをいかしながら植物性脂肪を加えたものです。コンパウンドクリーム(コンパウンド:「混合したもの」の意)とも呼ばれます。

純植物性脂肪乳主原
(○○フレッシュ、○○ホイップ等)

乳脂肪をすべて植物性脂肪に置き換えたもので、乳脂肪のようなまろやかな風味とは異なり、軽くさっぱりとした風味が特徴です。

  ①クリーム ②乳等を主要原料とする食品
純乳脂乳主原
(純乳脂タイプ)
混合脂肪乳主原
(コンパウンドクリーム)
純植物性脂肪乳主原
脂肪分
の由来
乳脂肪 乳脂肪 乳脂肪
+植物性脂肪
植物性脂肪
食品
添加物
なし 乳化剤、
安定剤などを使用
乳化剤、安定剤、
香料などを使用
乳化剤、安定剤、
香料などを使用
特長
  • 豊かな乳風味
  • 種類別クリームであるからこそ味わえる、クリーム本来のコクと口どけのよさが特長。
  • 乳脂肪のおいしさを活かしながら、作業性のよさを付加した商品。
  • ホイップなどの作業性を重視した設計。
  • 風味は香料等で補われている。
  • ロングライフの商品も存在する。
  • ホイップなどの作業性を重視した設計。
  • 風味は香料等で補われている。
  • ロングライフタイプがほとんど。

国別の呼び方の違い

クリームの分類は、各国で定義が様々です。

アメリカ
ライトクリーム(脂肪分18~30%)
ライトホイッピングクリーム(30~36%)
ヘビークリーム(36%以上)
イギリス
シングルクリーム(18%以上)
ダブルクリーム(48%以上)
クロテッドクリーム
フランス
【生クリームタイプ】
クレームリキッド
クレームフルーレット(乳脂肪分35%のもの)
【発酵クリームタイプ】
クレームドゥーブル(乳脂肪分40%前後)
クレームエペス(乳脂肪分40%前後)
クレームエペスレジェール(乳脂肪分15~30%)
(レジェール:軽い)